ちょっと一息、ヤマネっこファンのページ


  • Global Moderator

     そして仮にAとBをまだ真と認めていない読者がいたとしても、論理の流れは正しいものと認めるかもしれないわね?

    アキレス そういう読者がいてもおかしくないね。たぶん、「その仮説的命題、つまりもしAとBが真なら、Zは真でなければならない、ということ自体は認めるけど、ボクはAとBが真だと認めないね」とでも言うだろうね。こういう読者はユークリッドを捨てて、まあサッカーの試合でも見に行ったほうが賢明だね。

     そして「ボクはAとBは真と認める。だけど仮説的は認めない」、こう言う読者はいないなんてことはないわね?

    アキレス 絶対に居るね。まあ彼もサッカーを見に行ったほうがよいね。

     そしてこれらの読者はどちらも、Zを真と認める論理的な必要は課されないわね?

    アキレス まあそうだろうね。

    アキレスは頷きました。

     それでは、わたしをその二番目に話した読者と考えて欲しいの。そして、わたしに、論倫的に、Zを真と認めさせてみて。

    アキレス えーと、サッカーをプレイする亀がいたとすると、、、

    アキレスは始めようとしていました。

     っていうのは異常事態ね、もちろん。

    亀は急いで口を挟みました。「論点を忘れないで。まずZから。サッカーはあと!」


  • Global Moderator

    アキレス ボクは君にZを認めさせようとしている、よね?

    アキレスは思いにふけるように言いました。「そして君の現在の立場は、AとBは認める、しかし認めないのは、仮説的な―」

     それをCと呼びましょうね。

    アキレス しかし認めないのは、

    (C) もしAとBが真なら、Zが真でなければならない。

     それがわたしの現在の立場ね。

    アキレス そしてボクはCを君に認めさせなければならない。

     認めるわよ、あんたがそのノートに書き込んでくれたらすぐにでも。他に何かもう書き込んでいることはある?

    アキレス メモをちょっとだけね。

    神経質そうにページを繰りながらアキレスはそう言いました。「ちょっとしたメモ―ボクが名を上げた戦の!」

     真っ白なページがたくさんあるわね!

    亀は元気に言いました。「わたしたちはこれから全部使うことになるわ!(アキレスは震え上がりました。) じゃあわたしが言うことを書いてね―」

    (A) 同一のものに等しい複数の物は互いに等しい。
    (B) この三角形の二辺は、ある長さに等しいものである。
    (C) もしAとBが真なら、Zが真でなければならない。
    (Z) この三角形の二辺は互いに等しい。

    アキレス ZじゃくてDと呼ぶべきじゃないかな。他の3つの後に来る。もしAとBとCを認めたら、Zを認めないといけない。

     なぜそうしないといけないの?

    アキレス なぜならそれが論理的に導かれるから。もしAとBとCが真なら、Zは真でなければならない。この点については争わないよね?

     もしAとBとCが真なら、Zは真でなければならない、、、

    亀は考え深げに繰り返しました。「これはまた1つの仮説的なことじゃない? そしてわたしがその真実の理解に失敗したら、わたしはAとBとCを認めて、それでもZを認めないこともあるわね?」

    アキレス そうかもね。

    素直な英雄は認めました。「そういう鈍いのは確かに異常だけど、起こりうる事柄ではある。ボクはもう一つの仮説的なことを認めるように君に尋ねないといけないね」

     とてもよろしい。わたしは進んでそれを認めるわよ、あんたがそれを記録したらね。それをこう呼びましょう

    (C) もしAとBとCが真なら、Zは真でなければならない。

    もうノートに書いた?

    アキレス 書いたよ!

    アキレスは鉛筆を鞘に入れながら、楽しそうに叫びました。「ついにこの観念上のレースコースの端までやってきたわけだ! AとBとCとDを認めたのだから、もちろん、君はZを認める」

     そうかしら?


  • Global Moderator

     そうかしら?

    亀は無邪気に言いました。「はっきりとさせてみましょう。わたしはAとBとCとDを認める。だけどそれでもZを認めるのを拒否することはある?」

    アキレス そうなると論理が君の喉元に食いついて、認めさせることになるね!

    アキレスは勝ち誇って答えました。「論理が教えることになるよ。『避けることはできない。AとBとCとDを認めてしまったいまや、Zを認めるしかない!』とね。だから選択肢はない、だよね?」

     どんな論理でも言うだけの意味があるなら記録する価値があるわ。だからそれをノートに書いて下さらない。こう呼びましょう、

    (E) もしAとBとCとDが真なら、Zは真でなければならない。

    これを認めるまでは、もちろんZを認める必要はない。だから、これは必要なステップなのよね?

    アキレス そうだね。

    アキレスは言いました。その口調には一抹の悲しさがありました。

    ここで語り手、銀行での至急の用事があった、はこのハッピーな2人組を置いて離れざるをえませんでした。そして、その場所を再び通ったのは何ヶ月か後のことでした。そうしたとき、アキレスはとても我慢強い亀の背中にまだ座っていて、ノートに書き込んでいる最中でした。ノートはほとんど一杯になっているように見えました。亀は言っていました「最後のステップを記録した? 数え忘れがなければ、1001個目ね。あと何百万もあるからね。もしよければ、個人的なお願いなんだけど、このわたしたちの対話が19世紀世界の論理学者に与える教訓を考えて、わたしのいとこの偽ウミガメが言うことになるダジャレを取り入れて、トータス(Taught-Us)と改名してくださらない?」

    「望みのままに!」やつれた戦士は、顔を両手の中に埋め、絶望のうつろさで答えました。「君の側も、偽ウミガメが決して言わなかったダジャレを取り入れて、アキレス(A Kill-Ease)と改名してくれたらね!」


    出典:
    https://en.wikisource.org/wiki/What_the_Tortoise_Said_to_Achilles



  • @ソム さん
    !(^^)!


  • Global Moderator

    お絵かき遊び。

    0_1543755946495_yamane-98.png
    「謎の落し物―あるいは、服を着るのが嫌いなヤマネ」



  • こちらにて失礼します。今年はなかなか参加出来ませんでしたが拝見はしておりました。来年も宜しくお願い申し上げます。今年はフムフムの相棒だった愚犬が7月に14歳で天国に行きました。二人三脚で暮らしてきた相棒だったので、爾来何も手につかず泣き暮らしましたが愚犬の為にもぼちぼち前を向こうと思っております。頑張りマッス。


  • Global Moderator

    @フムフム さん

    こんばんは。私も、出来るときに出来ることをして、ぼちぼち行こうと思います。別れは辛いですが、物質とエネルギーの流れの中にある世界では、留まるものはなく、全てが変化していくのではないでしょうか。

    さて、来年に向けて、パズルネタ探しをしています。面白い話題に日々出会っていますが、なかなかお披露目できるような形になりません。新しいネタは咀嚼するのに時間がかかりますし、簡単な形にできないということは、まだちゃんと理解できていないということだと思います。ちゃんと理解しようとすると、それぞれが難しいです。どこからか、ウェンズディちゃんたちのようなスーパーやまねっこが現われて、解説してくれないかなあと、甘えたことを考えてしまいます(笑



  • そろそろ田舎に引きこもろうかと冬ごもりをしておりますが、最低気温-5度と聊か応えております。
    古い家ですので過去の人や猫や犬たちの色々な思い出にふとしたことで出会います。が法無自性であります。
    さもあらばあれ、皆様良いお年を!



  • @フムフム さん
    相棒の旅立ち、寂しいですね。
    元気を出していきましょう。(自分にも言い聞かせています)

    @ソム さん 皆さん
    今年1年ありがとうございました。
    頭がどんどん退化していますが、これからも楽しく参加させて下さい。
    よろしくお願いします。


  • Global Moderator

    @マーモセット さん
    皆さん

    明けましておめでとうございます。今年も楽しくやっていきましょう!

    今年は、7ディズちゃんたちの両親が一時帰国したり、チューズディが遺跡発掘に助手として同行したり、ヤマネ・サッカーのドングリ杯が開催されたりと、いろいろなことが起こるはずです。しかし、本命のパズルのほうがなかなかにネタ切れなところです。皆さまにも出題し、枠を広げて行っていただければと思います。

    もちろん、ここがそういうページなので、ヤマネっこたちが出てきていますが、彼女らとは関係ない、時事ネタ・歴史ネタ・軒下さんが去年やられていたような、巷の話題ネタなど、探求心や競争心を刺激するネタは何でも歓迎です! 出題カテゴリには、いわゆるパズルを含む、予め想定解があるようなものは、深夜食堂(別館)、面白い謎があるが、必ずしも答えが分からない、ひょっとしたらまだ誰も答えを知らないなど、語り尽くしたい話題については、ミステリーと謎、...が用意されています。


  • Global Moderator

    お絵かきあそび。

    「ふわり」
    0_1552793447054_yamane4-14.png

    この絵の宇宙船の元にしたのが、1960年代に販売された宇宙船型ハウス「フトゥロ」であったことを知ったのは最近です。

    参考:
    https://tile-park.com/wpcms/?p=3725
    http://www.futurohouse.co.uk/



パズルハウスへの接続が失われたと思われます。再接続されるまでしばらくお待ちください。