錯視



  • パズルではありませんが、このような写真も謎解きの楽しみがありますね。
    0_1512621156804_20171207.jpg


  • System

    先頭記事が更新されました。




  • Global Moderator

    @軒下 さん

    パズルではありませんが、このような写真も謎解きの楽しみがありますね。

    何じゃこりゃ! 真正(=合成でない)の写真なんでしょうか??? むずむずします。もし真正であるなら、どうやって撮影したのか、謎解きですね。例えば、左のミラーが、右のミラーに較べずっと小さいとか。ただ、それにしては、ボケがないのが気になります。

    追加・訂正
    それから、海岸近くとおぼしき場所にあるミラーにしては、金属部分がキレイすぎる気もしました。潮風に晒されるのなら、錆びが浮きそうなものです。

    松山市の、似たような場所にあるミラーの例です:
    https://www.google.co.jp/maps/@33.9699581,132.7712229,3a,75y,91.68h,85.96t/data=!3m6!1e1!3m4!1spNcxbt4QWQXKYnQjRGzj0w!2e0!7i13312!8i6656



  • はじめ、左のミラーが左奥の家の手前にあるのに、地面では家の向こうにあるように見えて、合成写真のように見えましたが、ミラーの支柱の向こう側の堤防までの間の敷地に建っている家が、手前のブロック塀の中にあるように見えているだけなのかな、と思えてきました。


  • Global Moderator

    @マーモセット さん

    ミラーの支柱の向こう側の堤防までの間の敷地に建っている家が、手前のブロック塀の中にあるように見えているだけなのかな、と思えてきました。

    確かにそういうふうに見えないこともないですね。しかし、

    • ミラーの立っている位置と堤防の間の距離が、穴あきブロック3個ぶんくらいしかないように見える。もし堤防が直線的に続いているなら、問題の家が平べったくなりすぎないか?

    というところが気になっています。



  • @ソム さん

    穴あきブロック3個ぶんくらいしかないように見える。

    細かいところまで見てますね。
    確かに穴あきブロックで距離を測ると、相当細ーい家になってしまいますね。
    実は穴あきブロックの向こうに見える緑の部分も敷地になっていて、ミラーの支柱に隠れているところまで含めるともう少し奥行きがあるとか、、、


  • Global Moderator

    それから、謎に直接は関係ないですが、中心部に写っている、縦に長い白いものが何か気になります。鳥居を真横から見たようにも見えます。灯台にしては、小さすぎる(かつ、細すぎる)気もします。

    追加
    ただ、港の入り口のところによくある、小さな灯台?だとこんな大きさなのかもしれないと思い直しました。



  • 左のミラーはオレンジの支柱についているのでしょうか?
    オレンジの支柱に付いているミラーは、見えている左のミラーの後ろに隠れているとか、、、


  • Global Moderator

    @オメガ3 さん

    左のミラーは、おそらく市が設置する、右のミラーと同じ仕様のものっぽく見えます。その種のミラーが、公道とは関係ない場所(例えば民家の軒下)に付けられることってあるのでしょうか?(笑 いや、あるのかもしれませんが。



  • @ソム さん

    なるほど。残念!
    ミラーの角度がポイントでしょうか。


  • Global Moderator

    @オメガ3 さん

    ミラーの角度がポイントでしょうか。

    それは重要っぽいですね。左のミラーに映っている道があって、右も左もミラーとしてちゃんと機能しているように見えますね。逆に映っている道側からは、撮影者の居る道が見えるので、飛び出しに注意できるのでしょうね。



  • @ソム さん

    ペンキの剥げた赤い屋根の樋は「白」なので、樋からの管は手前の「白」だと思われます。
    奥のグレーの管(縦・横)は何でしょう?


  • Global Moderator

    @オメガ3 さん

    奥のグレーの管(縦・横)は何でしょう?

    手前の白い樋らしきものと、同じようなルートで設置されているようですね。事例をWebで調べると、樋に対して、屋根の両側に排出孔(計2つ)を作ることは普通にあるようなので、こちらは樋の反対側の排出部分だと思います。さらに別の鉛直に走る排気孔のようなものが重なって写っているようですね。

    樋の両側に排出孔を作るとき、私の直観では、樋がそこそこ長いことが前提としてありそうです。そうだとすれば、一番奥に見えている建物は、奥行き方向に短縮されて写っていますが、実際にはかなりの長さがあるのではないでしょうか? 望遠レンズ的な?効果ではないかと思いました。ただ、その場合、地面の穴あきブロックの量がそれに釣り合わないようにも思えます。



  • @ソム さん

    ギブアップです。
    望遠レンズのいたずらと考え、マーモセットさん説の証拠を見つけるため、ソムさんが示して下さったgoogle mapで、「時間のあるときに」海沿いの旅をしてみます。



  • @オメガ3 さん
    ネタバラシの中に、場所が記載されています。google mapで出てくるかは存じません。
    悪しからずm(__)m。



  • @軒下 さん
    ネタバラシ見てきました。
    私の推測もちょっと違っていたみたいです。
    ソムさんさすがです。



  • @軒下 さん

    ありがとうございます。
    野忽那島、google mapで見てきました。残念ながら、ストリートビューはありませんでした。
    細い路地からその先に海が広がっている、同じアングルの画像や、白い灯台のようなものも見つけ、美しい風景を楽しんできました。

    カーブミラーが手前にあり、赤い屋根の家は後ろに存在していて、その更に向こうに道があるそうです。https://g-topi.com/archives/2017/12/07/5015#i-3
    そのように理解しても、なかなかそのようには見えません(>_<)。

    訂正
    赤い屋根の家は、低い堤防の向こうにあるそうです。
    「実際はカーブミラーが手前にあり、赤い屋根の家は後ろに存在していた。
    しかしブロック塀が奥まで連なっていたのと、家がちょうどいい高さだったせいで、家同士が並んでいるように見えていたのだった‼」
    (たぶん、ブロック塀=堤防だと思います。)

    再び訂正
    ブロック塀は、左建物の塀ですね。ブロック塀=堤防は間違いでしたm(__)m。



  • @オメガ3 さん
    私もgoogle mapを見ましたが、場所は特定できませんでした。

    この写真の投稿主さんのツイートに

    低い堤防の向こうにも土地ともう一個道があって、そこに赤い屋根の家は立ってるんです。

    とあるので、堤防の手前の穴あきブロックのところに建っているものではないようですね。



  • @マーモセット さん

    \(^o^)/

    堤防のように見えたものは、塀だったのですね!!!
    マーモセットさんのコメントを読んで、もう一度ネタバラシを読んで、やっとわかりました。

    訂正
    堤防は堤防でしたm(__)m。、その向こうに赤い屋根の家があるのですね。
    そう理解しても、そのように見えないのが、不思議です。


Log in to reply
 

Looks like your connection to パズルハウス was lost, please wait while we try to reconnect.