こんな映画を見たよ!


  • Global Moderator

    最近見た映画で、お奨めを紹介して下さい。

    ※これから見る人のために、ネタバレは適度に避けて下さい。


  • Global Moderator

    マンチェスター・バイ・ザ・シー

    この映画を見るまでは知らなかったのですが、アメリカのボストンの近くに、イギリスのマンチェスターの名前に似た「マンチェスター・バイ・ザ・シー」という海沿いの町があって、題名になっています。ある、便利屋の男が主人公で、家族の訃報から、訳あって離れていた題名の故郷に戻ります。そのうちに、この男の訳ありの過去が明かされていくという、パッチワークのような繊細な作品です。足し引きしていくと、結局は最初と比べほんの少しのことしか変わらないのですが、それが救いになる物語です。兄弟の物語でもあり、最後にようやく兄の意図が分かるという謎解きにもなっています。私は、予告編などいっさい見ずに映画館に行きましたが、正解だったと観て思いました。


  • Global Moderator

    ブレード・ランナー 2049

    SF映画のうち、一つのジャンルを作り出した古典に「ブレード・ランナー」があります。その続編が作られました。前作には、以前から何かと縁があり、気になったので新作を鑑賞しました。前作は、フィルム・ノワール(黒)の文法にのっとった、「画面が暗く煙の漂う」映画でした。今作は、また違った画面の作りですが、やはり、もやと砂埃の漂う絵が多く出てきました。あとから、監督がドゥニ・ヴィルヌーヴ氏と知りました。レバノン内戦を背景に、ある家族の数奇と悲劇を描いた「灼熱の魂」、メキシコを舞台に麻薬捜査を生々しく描いた「ボーダーライン」、言語学を通じて宇宙人とのファーストコンタクトを描いた 「メッセージ」、ジャンルは様々ですが、最近印象に残った映画が、全てこの監督の作品と気がついて、驚いているところです。

    まさしく続編というべき、前作を見た人が気にするだろう点が、ストーリーになっていました。また、前作をリフレインするようなシーンが多々出てきました。前作と同じく、科学が暴走し変容した未来に、「人間であるとはどういうことか?」を問う作品になっていたと感じました。


  • Global Moderator

    グレイテスト・ショーマン

    ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル。同じ俳優が主演のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」も良かったが、これもなかなか。アメリカの興行師P.T.バーナムの人生をモチーフにしているが、ほとんどがフィクションである。自分の夢を描いた男が、フリーク達を集め、最初は博物館、後にサーカスを興業する。美しいシーンと歌が良い。歌のセリフから、気に入った言葉をいくつも持って帰ることが出来ると思う。人生賛歌。

    追加:エンドロールに美術設定が出てきてなかなかよいので、最後まで観るのがお奨めです。


  • Global Moderator

    ボヘミアン・ラプソディー

    イギリスのロック・バンド「クイーン」と、そのボーカルのフレディ・マーキュリーを題材に作られた映画です。主演のラミ・マレックの歌と踊りが素晴らしい、まず第一にコンサートの興奮を描いた映画ですが、同時に、出自との闘いやゲイとしての孤独や裏切りなど、人間の暗い部分がテーマにもなっていました。しかし、ほとんどの登場人物が主人公(フレディ)のことを応援しているように描かれ、温かい余韻を持つ作品でした。異端であることの叫びと、それを受け入れ愛することを、音楽表現を通して描いた映画だと感じました。

    追加: 2つぐらい横の席に座っていた年配の方が、何かあるたびに、「ガハ!」のような奇妙な声(毎回違う)を上げて居られました。そういう楽しみ方もできる、笑いの多い映画でもあります。



パズルハウスへの接続が失われたと思われます。再接続されるまでしばらくお待ちください。