過去の出題:26.ラテン十字の謎


  • Global Moderator

    ハンニバルさん提供のネタをもとに、私が出題しました。


    ヤマネはドングリ公園への道を急いでいた。公園内にある、ヤマネ・現代アート・ミュージアム(MoCya)に向かうためである。今日は、特別展の初日なのだ。兄嫁の弟のノックス君が、ミュージアムの学芸員をやっていて、入場券をプレゼントしてくれた。ヤマネは姪たちを連れ、挨拶がてら見物に行こうという訳だ。姪のうち、習い事で都合の合わない子を除いて、ウェンズディ、サーズディ、末っ子のサンディの三人が一緒にやって来ている。

    ミュージアムは初日から、なかなかの盛況のようだ。海外で活躍中のヤマネ・アーティストの作品が一同に会する豪華な展覧会である。サンディは目をきらきらさせている。ミュージアム内部の広々とした空間に入ってすぐに、ヤマネは、中央のスペースに柵があるばかりで何もないに気がつき、いぶかしく思った。そばに「調整中」の札が立っている。そこに、探していた姿が目に入った。

    ヤマネ 「やあ、ノックス君」
    ノックス「ああ、義兄さん、来てくれたんですね。ウェンズディちゃんたちも、こんにちは」

    ヤマネには、ノックス君にとって自分が兄にあたるのかどうか、よく分からない。ただ、年下の彼からいつも「義兄さん」と呼ばれ頼りにされると、悪い気はしないのだ(実際に頼りになるのは、姪たちである、というのはナイショである)。

    ヤマネ 「ところで、この調整中って、どうしたんだい?」
    ノックス「ああ、ここのスペースは、今回の目玉の一つ、クサマ・タローの作品なんですが、実は、困ったことになってます」

    ミュージアムの控え室の一つに案内される。部屋には、壁に沿って様々に梱包された箱が積んである。中央の床に、クサマ氏の見慣れた柄のオブジェらしきものが見えた。

    ノックス「この手のインスターレションは、分解してミュージアムに送られてくるんです。でも、この作品だけ、組み立て方が分からなくて、展示できてないんです」

    作品は、「6・8・5」という題で、3つの多面体で構成され、多面体のそれぞれが、過去・現在・未来を表現したものだ。クサマ・タローの代表作だ。ヤマネも以前に美術関係の雑誌で写真を見たことがあった。しかし、ノックス君によると、梱包を解くと、サイコロを十字に切り開いた形の、着色された平らな金属板が三枚でてきただけという。

    ノックス「6面体(「過去」)は、こうやって、すぐに組み立てられたのですけど、残りの板もどれも同じ形なんです。あと、8面体(「現在」)と5面体(「未来」)があるはずなんですが」
    ヤマネ 「これじゃあ、『6・6・6』になっちゃうなあ、ははは」
    ノックス「笑い事じゃないですよ。この作品目当てで来ている人もいるみたいなんで、皆、頭を抱えています」
    ヤマネ 「クサマ氏はなんて言っているの?」
    ノックス「困ったことに、本人は、長期旅行中で、連絡が付かないんです。変わりヤマネらしいですから。同梱の手紙には、指示書に従えとしか書かれてなくて...」

    ノックス君は、わきの机にあった紙のメモを示す。「この指示書がまた、わけが分からないんです」。皆がのぞき込む。

    ウェンズディ「どの行も1から14までの数字が一つずあって、ペアになって、7つのペアになっている。同じペアが何度か出てくるわね」
    ウェンズディが、ヤマネにメモを回してくれる。

     □
    □□□
     □
     □↑
     1→
    
    6 (1,8)(2,5)(3,4)(6,7)(9,10)(11,14)(12,13)
    8 (1,4)(2,3)(5,8)(6,7)(9,10)(11,14)(12,13)
    5 (1,12)(2,5)(3,4)(6,11)(7,10)(8,9)(13,14)
    

    ノックス「分かるかい?」
    ウェンズディ「この横にある6面体の展開図っぽいのが手掛かりみたいね。でも、うーん」

    ヤマネにはもちろん分からない。算法の達人ウェンズディにも、さずがに変人メモの解読は難しいのだろうか。きらきらした物が大好きなサンディは、ミュージアムに入って直ぐに、展示物のほうへ駆けていってしまって、とうに姿が見えない。サーズディは付いて来ているが、いつものように、もじもじしているだけだ。

    ヤマネ 「間違って送ってきたのかもなあ」
    ノックス「そんなことはないはずですけどね。色も、ぞれぞれの板が写真で見る『6・8・5』の三色ですし。指示どおりにやればよいって手紙にはありましたから。困ったなあ」

    それまで指示書をじっと見ていたサーズディが、つかつかっと床の金属板のほうへ行くと、「こうでしょ、こう、こうっと」8面体が出来上がっている。「それから、こっちは、こう、こうっと」、5面体になっている。

    「えーっ!」皆、おどろく。

    ***

    「現代ヤマネ・アート展」は大盛況のうちに終わったそうです。後日、感謝として、サーズディちゃんにクサマ氏から奇妙なオブジェが届いたそうです。しかし、それは、また別の物語。別の機会にお話しするとしましょう。さて、皆様に問題です、

    問1:クサマ氏の指示書を解読してください。
    問2:サーズディちゃんと同じように、指示書に従って、8面体(「現在」)・5面体(「未来」)を組み立ててください。そして、完成したときの、各面の形と数を答えてください。

    例)6面体(「過去」)の場合→正方形X6
    挿絵


  • Global Moderator

    解答発表後に、cosmosさんが、すずがみというものを紹介して下さいました。手で簡単に折りたためる金属の板のようなものみたいです。

    https://www.shokunin.com/jp/syouryu/


Log in to reply
 

Looks like your connection to パズルハウス was lost, please wait while we try to reconnect.