これは何でしょう?(2)


  • Global Moderator

    @riffraff さん

    受けを狙い過ぎたようです。orz

    もっと素直に直感を信じて下さい! 今のところ、@はな さんが、正解に最接近しています。


  • System

    先頭記事が更新されました。



  • 作動機序が分からないのですが

    OZ

    Spectrometer
    https://www.youtube.com/watch?v=X96sdKIxbdc


  • Global Moderator

    @riffraff さん

    Re: OZ

    回折格子を使った、手のひらサイズのスペクトロメーター(分光器)は市販されていますが、...
    http://www.oceanoptics.jp/products/spectrometers.html

    写真の道具は、ちがいます!



  • @ソム さん

    暗闇で使うという事で、左側の本体内に光源が仕込まれている。
    もしくは、球体を通した赤い点に向けて光をあてる。

    明日から一週間はROM専、なのでファイナルアンサー (^^;)

    本体からの光が水晶玉を透過、反射し分光する
    構造色、干渉色が関係すると見て
    (球を通った光がどうなるのかわからずに書いています)
    ・暗闇の中で光が水晶玉を通して周囲に円環の虹を投影する

    天然水晶で作った水晶玉はかなり高価。
    ですので、日本各地で取れた水晶を溶融し人工的に作った水晶玉が右側の水晶玉。


  • Global Moderator

    @はな さん

    最初のお答えが、ほとんど正解でした。だいぶ、遠いところに行かれてしまいました(涙 右の部品は、たぶんただのガラス玉だと思います。



  • @ソム さん

    だいぶ、遠いところに行かれてしまいました(涙

    シクシク (つД`)ノ

    明日から一週間、楽しく疲れる日々を過ごします。
    時間があれば(体力余力があればかも?)折々に覗きます。

    皆さまのご健闘を祈ります。

    オメガ3さん曰くの ”ウルトラマン” さんはご覧になっているのでしょうか。
    澪標さん、頑張ってくださいませ。お答えが難しすぎて理解するのが困難ですので、よろしければ平易かつ簡明でお願いいたします。^^
    マーモセットさん、独自の視点のご披露楽しみにしております。


  • Global Moderator

    @はな さん

    ご参加ありがとうございました。夏の楽しい日をお過ごし下さい。

    正解にかなり近づいていたと思うので、最後までたどり着いて欲しかったです。が、やはり、予告していたように、これは難しい問題です。何が難しいかというと、心理的な盲点です。これが、知っているはずの現象にたどり着くのを邪魔しているのだと思います。明日以降のヒントで、もう少し絞り込みが出来るのではと期待しています。どなたが最初に正解してもおかしくないです。


  • System

    先頭記事が更新されました。


  • System

    先頭記事が更新されました。



  • 光源がなくて暗闇で作動する

    謎の機器

    放射性崩壊を映す
    霧箱の一形態


  • Global Moderator

    @riffraff さん

    正解です! 解説は明日以降にします。



  • @ソム さん
    科博に行く毎の楽しみの一つですが、この形態があるとは知りませんでした。(;''∀'')



  • @riffraff さん
    すばらしい。
    星空、ガラス玉から連想するのはどうしても外から光を当てることなんだけど、そして干渉とか偏光とかニュートンリングなどが浮かび上がって、たどり着けなかったです。
    霧箱だったら外部光源が必要だけど...だからまだわからない。


  • Global Moderator

    解説

    写真のモノは、「スピンサリスコープ」です。原子核の崩壊に伴う放射線を検出し、可視化する道具です。原理は、シンチレーターと呼ばれるものと同じです。つまり、蛍光物質が放射線によって励起され、蛍光を発します。その蛍光を、レンズで拡大し、肉眼で観察します。

    写真左の部品の中央のピンク色に見える部分に、蛍光物質と放射性の鉱物を混ぜ合わせたものが格納されています。上下から透明板によって密閉されています。その上に、ガラス玉(球レンズ)を置き目視し、赤いインクでマークされた高さに焦点を合わせるように覗き練習します。その後、真っ暗な部屋で同じように観察します。目が暗闇に充分慣れると、無数の小さな光が、星空や流星のように絶え間なく明滅する様子が見えてきます。ガラス玉を用いるよりは、市販のルーペを使うほうが、よりはっきりと見えることも分かりました。

    以下、説明書から一部引用します:

    本体には硫化亜鉛蛍光体と希元素鉱物を混合したものが充填されています。
    (中略)
    希元素鉱物は苗木地方、石川地方や長野県高瀬川の渓流でパニングして採集した重砂中のものを使っています。

    「希元素鉱物」というのは、科学的に厳密な名前では無いようです。そう呼ばれる鉱物の一部には、放射性元素がよく含まれているそうです。おそらく、ウランやトリウムではないでしょうか。それらの原子核の崩壊に伴うα線を主として検出できているのでしょう。しかし、放射性元素の崩壊自体は、身の回りで常時生じています。体内では、食物中のカリウム40が崩壊していますし、身の回りの岩石は放射性元素を含みます。


  • Global Moderator

    補足:
    原子の放射性崩壊というのは、放射能の本質です。東日本大震災(福島原発事故)後には、放射性物質について、たびたびニュースになりました。現在でも核廃棄物や事故原発の処理の問題として話題になります。また、毎年夏になると、広島・長崎の被爆体験がニュースになります。これらは、放射性物質の負の側面と言えるかもしれません。

    一方、この現象は、現代科学の基礎となっています。原子核の崩壊は核種ごとに一定の頻度で生じるので、炭素の放射性同位体の崩壊によって生じる同位体の比率を、年代測定に用いることが出来ます。また、ウランの核崩壊(分裂)は、原子力発電の基礎です。

    我々は、火を日頃から見ているので、それが放火や火事を生むこともあれば、おいしい焼き肉を作るために用いられることを、ある程度冷静に理解できます。しかし、放射線に関しては、そのままでは目に見えないので、直感的に理解することが難しいです。スピンサリスコープはそのギャップを越えさせてくれます。そして、身の回りで絶えず小さな原子核たちが崩壊し続けていることを想像することを可能にしてくれます。


  • Global Moderator

    @riffraff さん

    科博に行く毎の楽しみの一つですが、この形態があるとは知りませんでした。(;''∀'')

    霧箱は、過冷却した場所に生じる凝結によって放射線を検出しますが、今回の道具も、放射線をなんらかの励起作用によって可視化するという本質は同じと思います。また、科学博物館にある霧箱は、外部からの宇宙線を検出しているのだと思いますが、それは本質でなく、内部に放射線源を置くことは可能です。実際、市販の「簡易霧箱キット」ではそのようにします。ということで、「放射性崩壊を映す霧箱の一形態」で正解と思いました。



  • @riffraff さん
    正解おめでとうございます。
    私には絶対思いつけない回答でした。
    プラズマ発生器でオーロラでも見るのだろうか
    でもニュースになるようなものでもないし…
    など、出口の見えない迷路を彷徨っていました。

    ソムさん
    放射線については、どうも拒否反応があってなかなか頭にはいっていかないのですが勉強すると面白い分野なのでしょうね。
    面白い問題ありがとうございました。


  • Global Moderator

    @マーモセット さん

    放射線については、どうも拒否反応があってなかなか頭にはいっていかないのですが勉強すると面白い分野なのでしょうね。

    コメントありがとうございます。そうです、その拒否反応が、上に書いた心理的盲点の一端ではないでしょうか。自分を傷つける可能性のある怖いもの、よく分からないものは、避けたいと思い、そのうち、考えなくなります。

    私の考える科学の精神というのは、どのようなものにも、あるが様を理解し、美しさを見出していくことです。また、キュリーらのような、果敢に未知の物に向かって行った先人たちへの尊敬を忘れないことでもあると思っています。スピンサリスコープも、ここから始まる物理学の歴史を知ると、より楽しめるのではと思います。

    私は何年か前に、大阪にあるやまもとという鉱石関係を扱っている店のネットショップから、今回の「N型スピンサリスコープ」を買いました。久々に紹介のために探してみたのですが、ネットでは見つかりませんでした。この美しさは、実際に見てもらうのが一番だと思いますが、ご紹介できず残念です。



  • @ソム さん

    自分を傷つける可能性のある怖いもの、よく分からないものは、避けたいと思い、そのうち、考えなくなります。

    拒否反応の理由は、物理が苦手というところと、多分誰にも当てられないだろうモニョモニョした個人的な事情もありまして…
    放射線の先生に振られたとかじゃないですよ(;^_^A

    家族がCT、ガリウムシンチ、PET、定位放射線治療などなど、多くの恩恵も受けているのですが、恐怖心も混在しているのかもしれませんね。

    自分のために(モニョモニョを克服するために)いつか真剣に勉強したほうがいいのかもしれない(独り言です)



パズルハウスへの接続が失われたと思われます。再接続されるまでしばらくお待ちください。