Fainting In Coils



  • ルイス・キャロル(Lewis Carroll)による文学作品「不思議の国のアリス」(「Alice's Adventures in Wonderland」)からです。

    引用‖

    Alice did not feel encouraged to ask any more questions about it,
    so she turned to the Mock Turtle, and said
    'What else had you to learn?'

    'Well, there was Mystery,' the Mock Turtle replied,
    counting off the subjects on his flappers,
    '--Mystery, ancient and modern, with Seaography:
    then Drawling--the Drawling-master was an old conger-eel,
    that used to come once a week:
    he taught us Drawling, Stretching, and Fainting in Coils.'

    ‖引用終わり

    さて、上記の引用部分には謎学課がたくさん登場しております。

    Mystery
    Seography
    Drawling
    Stretching
    Fainting in Coils

    それぞれ、何のモジリになっているでしょうか。

    検索エンジンに頼ると簡単にわかるようです。

    辞書だけで解くのを楽しむのも良いでしょう。

    一番お勧めなのが、下記の楽曲を楽しむことです。

    ●Bill Bruford - Fainting In Coils - YouTube

    ( http://www.youtube.com/watch?v=hMCIp7yo0cM )

    ※本問は数学パズルではなく文学クイズです。もしくは音楽。

    隠し機能はつかわずに、このネタの周辺含め、雑談願います。


  • System

    先頭記事が更新されました。


  • System

    先頭記事が更新されました。



  • Fainting In Coils

    一説によればコイルでグルグル巻きにされて意識を失いつつある……のだそうですけれども、「どこのロボットですか…そんなアタック…電磁攻撃で死ぬのは?」とか「コイル状の蛇…ウロボロスの上級神に巻かれて死ぬ気ですか?長いものに巻かれて本望ですか?」とか。

    それはともかくとしてですね。

    私が高校生の頃の担任のM先生ですが、イ段とエ段の発音の区別があいまいな地域の出身でして。

    で、物理の先生なのです。

    で、教科書を読み上げてですね。

    《n巻きのコイル》をですね

    【犬巻きのコイル】と発音なさるのです。〈個人の努力では矯正不可能ゆえに本人に罪はありません〉

    クラスじゅう爆笑している最中(さなか)に、隣の席のE君が私に見せたマンガがクソおもしろくて《犬巻きのコイルで犬が…犬がなぜか幸せそうに恍惚な表情をしている》

    ぜんぜんFainting In Coils じゃあないですが、まあ雑談ということで。

    ●Bill Bruford - Fainting In Coils

    名曲です。この変拍子には痺れます。



  • あまりにヘボい小一の頃の私を見かねた母は、Fainting In Coils塾に通わせることを決意しました。
    いやあ、なんだか先生が髭でやだったんですけど若い兄ちゃんだから暫くは我慢したのですが……半年もたずに、じきに退塾し…
    2年後に銀行の店頭に吾が○○が展示されるにいたり鼻高々でしたが、三年目以後にはずっと小六まで、Fainting In Coilsにちょっとでも関連する学科は5段階評価で2でした。

    髭先生がオイラに教えてくれた前衛芸術についての詳しいオハナシは後日に。この手法において私は天才だった……



  • @Hannibal さん

    ’Twas brillig, and the slithy toves
    Did gyre and gimble in the wabe;
    All mimsy were the borogoves,
    And the mome raths outgrabe.

    こうなるとワケワケメですが・・・(^^♪
    ご出題のあたりならなんとか(;'∀')
    そう言えば、ルイス・パジェット(ヘンリー・カットナー)の短編に"Mimsy Were the Borogoves"と言うのが
    ありまして、SFマガジンに載った翻訳を読んだ覚えがありますが、タイトルばかりが印象に残って内容は忘れて・・・
    ORZ


  • Global Moderator

    時間割

    1限 Mystery(古代ミステリー学、近代ミステリー学)
    2限 Seography(海理学)
    3限 Drawling(長話法)
    4限 Stretching(伸ばし実習)
    5限 Fainting in Coils(コイル卒倒法)

    後になるほど難解そうです。


  • Global Moderator

    @Hannibal さんのヒントで5限目が分かりました! 小一にはヘビーな習い事の気がしました。4限目がまだ分からず...。


  • Global Moderator

    長話法マスターのウツボ先生の教科です:

    長話法→体を長く使って発声します。
    伸ばし実習→体を長く伸ばして限界を極めます。
    コイル卒倒法→相手に巻き付き失神させます。



  • @ソム さん
    3⊃(4∪5)謎(^^♪


  • Global Moderator

    @riffraff さん

    それで分かりました! 音がやや苦しい気もしますが、振り返って見ればウツボ先生の3教科というのがヒントだったのかもしれませんね。



  • なんと。

    ( Fainting In Coils )は

    ( painting in oils )
    でした。油絵を描くことになります。

    私にとっては……なかなか気がつきにくい感じです。

    Drawling ⇔ Drawing

    Stretching ⇔ Sketching

    といったところでしょうか。

    ソムさんがご指摘の通りに、ナガモノ(ヘビやらアナゴやらウナギやら)のイメージを喚起しているあたりが面白いですね。

    これらは単純なモジリになっていますね。

    さて。

    《かばん語》というのがありまして。

    すなわちコンタミです。

    言語学でいうところのコンタミネーション。

    日本語におけるコンタミの事例をご案内いたします。

    ◎あどけない
    〔「あどなし」と「いわけなし」「いとけなし」などとの混交によって近世にできた語〕

    ◎よそる
    ごはんをよそる…など。「装う」と「盛る」との混交:コンタミによってでき た語

    ◎とらまえる
    「とらえる」と「つかまえる」から

    ◎やぶく
    「やぶる」と「さく」から

    ◎ひもすがら【終日】
    「ひねもす」と「よもすがら」から。

    ◎喧喧諤諤(けんけんがくがく)

    「喧喧囂囂(けんけんごうごう)」と「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」とから

    ◎空嘯く(そらうそぶく)

    「そらうそをふく」と「うそぶく」とから。

    ◎ゑがらし
    「ゑぐし」と「からし」とから。
    ゑがらっぽい

    このほかにもあったら教えてください。


  • Global Moderator

    @Hannibal さん

    やったー正解?でした。分かった後に出てきた疑問は、

    • Drawing
    • Sketching
    • Painting in oil

    これらのうち、最後は分かるのですが、drawing と sketching の違いって何だろう?とういことです。それから、watercolor painting をどうしてウツボ先生は教えてないのか?ということです。海の中なので、出来ないのでしょうか?(笑

    さて、「かばん語」というのは知りませんでした。これも「不思議の国のアリス」が元ネタのようですね。キマイラ先生に聞けば「的を得た」解答がもらえそうです。「喧喧諤諤」の議論をまきおこすかもしれませんが。 ←(訂正)既出でした。


  • Global Moderator

    Fainting In Coils@ソム さんが発言 :

    drawing と sketching の違いって何だろう?

    最近は、抽象的な単語が分からないときは、まずGoogle画像検索しています。集合知的なイメージが出てくるからです。「Learn English: 300% Faster」という英会話学習の本で勧められていた方法です。

    "drawing" と "sketching" の結果はかなり似ていました。しかし、微妙に傾向に違いがあるようにも見えます。難しいです。@riffraffさんのヒント にあった、drawing ⊃ sketching という理解は、辞書的には正しそうです。

    Som ←こういうのは、なんて呼ぶのでしょうか? painting でもないし、sketching でもなく、...???



  • @ソム さん
     英語の単純な単語によくみられる現象ですが、上位の概念を同時に表すことがあります。
     多分(Drawing-Painting)が対概念であり、Drawing⊃Sketching,Painting⊃Painting in oilなのですが
     Drawing⊃(Drawing、Painting、etc)となることがあります。
     他言語の学ぶ上で、単語の概念に係わる階層構造認識は、単語・修辞の持つflavorとともに最も困難で失いやすい部分だと思います。

    と言う訳で答えはDrawing。 多分(;'∀')


  • Global Moderator

    @riffraff さん

    言葉は難しいですね。

    Drawingは Drawing自身を含むのである!
    0_1524375332980_Kleins-bottle-01.png

    Mathematica
    x[u_, v_] := If[v < 2 Pi, (2.5 - 1.5*Cos[v])*Cos[u],
       If[v < 3 Pi, -2 + (2 + Cos[u])*Cos[v],
        -2 + 2 Cos[v] - Cos[u]]];
    y[u_, v_] := If[v < 2 Pi, (2.5 - 1.5 Cos[v])*Sin[u],
       Sin[u]];
    z[u_, v_] := If[v < Pi, -2.5*Sin[v],
       If[v < 2 Pi, 3 v - 3 Pi,
        If[v < 3 Pi, (2 + Cos[u])*Sin[v] + 3 Pi,
         -3 v + 12 Pi]]];
    
    ParametricPlot3D[{x[u, v], y[u, v], z[u, v]}, {u, 0, 4 Pi}, {v, 0, 4 Pi}, Exclusions -> None, 
       PlotStyle -> Opacity[0.2], Boxed -> False, Axes -> None]
    


  • 以下、ご参考まで。

    ●代用ウミガメの「海の学校」の科目‖Heptas Palladi comparatur
    7 だけが、造ることも造られることもない。

    http://palladi.blogspot.com/2017/12/blog-post_25.html

    ●感想
    「ラクテン語」と「クルシヤ語」にはぶったまげましたが。

    -Mystery, ancient and modern, with Seaography:

    というのがですね、私には人文地理学のように思えたのですよね。

    History, ancient and modern, with Geography

    「History with Geography 」で検索すると何件かヒットします。



パズルハウスへの接続が失われたと思われます。再接続されるまでしばらくお待ちください。